ラセック

ラセック手術とは

通常のレーシックとは違った特定の人向けのレーシックというものもあります。
そのようなレーシックに、エピーレーシックやラセック手術などがあります。
ここではラセック手術について解説してみましょう。

ラセック手術をオススメしたい人はどんな人でしょうか?ラセック手術は、角膜の厚さが足りない人や、強度の近視の方になります。
さらに、ボクシングや格闘技などの頭や眼に強い衝撃を受けるスポーツをしている人が対象になります。
このように、普通のレーシックができないといった人でもラセック手術などの、異なった手術の方法を使うことで、より多くの人が視力の回復をすることができるようになりました。

ラセック手術では、角膜のフタを作るときに、アルコールを角膜の表面の角膜上皮に当て、はがしやすくした後に柔らかくなった角膜上皮を持ち上げるようにします。
この作業で非常に薄いフタを形成することができます。
角膜上皮に関しては、時間がたつと再生します。

角膜のフタが角膜細胞にくっつくのではなく、角膜上皮が形成されるようになります。
角膜上皮ができる前に角膜のフタは自然に消滅してしまうのです。
普通のレーシックとの違いは、角膜のフタの作成方法が少し違うだけです。

また、角膜のフタも薄くできるために、近視の度合いの強い人や、角膜の厚さがないという人でも十分に対応できる手術方法になります。
角膜のフタは衝撃でずれることがあるので、頭や眼に衝撃を受けるような場合、普通のレーシックよりもラセック手術のほうをオススメすることになります。
ちなみにラセック手術の弱点もあります。

それはアルコールを使うために、角膜や結膜の障害が起こることがあります。
さらに痛みに関しても通常のレーシックよりも強い傾向があります。
どんなレーシックも万能のものはありません。
ラセック手術のように、自分に合ったレーシックを医師と共に相談しながら、手術方法を選んでいくのがベストでしょう。

Copyright(C) 2013 目の為に欠かせない知識 All Rights Reserved.