ラセック

レーシックの手術にかかる時間

目がよく見えるようになりたいという願望は、目の悪い人なら誰にでもあると思います。
コンタクトレンズや眼鏡はやっぱり不便なところがあって、レーシックをやってみたいと思っている人も多いでしょう。
レーシックなら元のように視力が戻って、何もしなくても外の景色を見ることができるわけです。

ところが、レーシックについて、不安に思っているかもしれません。
なぜかというとレーシックによる視力回復は目の部分にレーザーを使うので、もしかしたら失明したり、目の病気になったりすることがあるからです。
そして、気になるのがレーシックにかかる時間です。

目の部分の手術なので、手術の時間が長いと目に負担がかかるかもしれないと思うからです。
レーシックの手術の時間そのものは、数十分で終わります。
とても短いように感じますがこれは本当です。

レーシックは機械で行うため、その正確な施術は、一ミリも狂いのないものだと思ってください。
これだけの正確さでレーシックをするとなると、ほとんど失敗はないと思ってください。
レーシックでは手術そのものよりも、事前の準備のほうが長いのです。

レーシック手術の事前準備としては適応検査をしたり、カウンセリングを行ったり、医師の診察があったりします。
こうした用意周到な準備を経てレーシックを行っているので、とてもスムーズに済むのだということです。
ですから、レーシックの時間があまりにも短いからといって大丈夫かな、と思う必要はありません。

レーシックの手術では、全てが準備の段階から始まっています。
レーシックそのものは数十分ですが、機械の入れ替えをするのにもう10分ほどかかります。
さらにレーシック後はまぶしくて目を開けられないので、30分ほどは安静にするように指導されます。
このようにレーシックは、とても簡単で時間もかからないので、受けやすい手術です。
もし、目のことで悩んでいるとしたら、まずはカウンセリングから始めましょう。

Copyright(C) 2013 目の為に欠かせない知識 All Rights Reserved.