ラセック

レーシックは視力が回復するまで

レーシックを受けてみたい、または、受けたところだといったいろいろなケースもありますが、レーシックでは一体どこまで術後のリハビリが続くのでしょうか?さらに視力が回復してからといってそのままにしていていいのでしょうか?レーシック後は一体どんな生活になるのかを考えてみましょう。
レーシックを受けた後の感想として、レーシックを受けて本当によかったと思うのがほとんどです。
ただ、その結果はいろいろあります。

自分が期待していた視力ではないけれど、かなりよくなったという人や少々見にくい場面もあるけど、視力自体はよくなったといった感想もあります。
でも、レーシックでhどういう状態になったら成功といえるのでしょうか?それには元に戻ってレーシックを受けるという理由は、どういったことだったか覚えているでしょうか?仕事や資格の取得の関係で視力を回復させなければならないなどといった理由や、単純にコンタクトレンズや眼鏡をかけるのが嫌だという人もいます。
レーシックでは視力の回復といっても、とりあえず遠くのものがしっかりと見えるというのであれば、視力も0.7から1.0くらいでいいでしょう。

スポーツをしていて、遠くを見ることが多い場合は、1.5以上の視力が欲しいのかもしれません。
医師の診断の際にこうした理由をはっきりと言わなければ、期待した視力に回復できていないなどのトラブルが起こることがあります。
レーシックは理論的には素晴らしい手術の方法ですが、医師が患者の目から見えるものを見ることができません。

レーシックがうまくいったというのは、単に視力がよくなったといったことであれば、どんなレーシックも成功だといえます。
レーシックの相談をするときは、もっと具体的に乱視を改善したいとか、視力をここまでにしたいといったリクエストをしてみましょう。
そうすれば、納得のいくレーシックの結果になるに違いありません。
現代の医学ではかなり難しいこともできるようになっています。

Copyright(C) 2013 目の為に欠かせない知識 All Rights Reserved.