ラセック

レーシックを受けるときは合併症も勉強しておこう

レーシックは日本でも毎年数万人の人が受ける視力回復の手術です。
もちろん、日本だけでなく諸外国でもたくさんの人が受けています。
そして、どんな人も以前よりも視力が回復しよく見えるようになりました。

レーシックではよい点ばかりではありません。
失明などの危険性はゼロに近いのですが、レーシックで副作用や合併症を起こす可能性があり、注意が必要です。
もちろん、誰にでも起こるわけではないのですが、レーシック後のアフターケアについてはしっかりとした気持ちを持っていないとレーシックの結果も不満足に終わることがあります。

ここではレーシックを受ける際に注意しておく合併症について知っておきましょう。
もちろん、失明することはありません。
症状が起こったときは、適切な治療法がありますので、すぐに医師に相談するようにしましょう。

ハロやグレアと呼ばれる症状は、夜間に灯りがぼやけてみえたり、ライトの灯りが以前よりも眩しく見える症状です。
ハロやグレアによく似た症状にスターバストというものもあります。
スターバストもその名のとおり、夜間に光を見たときに、星を見たときのような星状の光になることがあります。

これらの症状はかゆみや痛みなどを伴わないので、徐々に収まってくるでしょう。
次は角膜拡張症というものがあります。
この病気は強度の近視の方に多い症状です。

角膜を削りすぎてしまい、角膜が眼圧に耐えきれなくなり飛び出してくるものです。
他には目がゴロコロしたり、ドライアイの症状が出たり、目が充血してくることがあります。
少し怖いのが感染症です。

レーシック中は衛生管理の行き届いた手術室での手術が行われますが、その中ではなくレーシック後、角膜が完全に治りきらないうちに感染症が起こってしまうことがあります。
レーシックでは合併症が起こりやすい人もいます。
特に近視や乱視の強い人や角膜がもともと薄い人は、レーシックを受けた後の合併症を覚悟しておきましょう。

Copyright(C) 2013 目の為に欠かせない知識 All Rights Reserved.