ラセック

失明の危険性が低い手術

レーシックで心配なことは手術をすることによって、失敗するのかどうかということです。
せっかくのレーシックを受けても、視力が回復するどころか、前よりも見えなくなったり、最悪の場合には失明するといったこともあるでしょう。
レーシックをすることに抵抗のある人は、たいていは石橋を叩いて渡るタイプの人ではないでしょうか?しかし、レーシックが医療として確立している限りは、失明の心配はないといっていいでしょう。

レーシックは、レーザーを使いますので、視力が回復するということで実績もかなりあります。
世界でも毎年数百万人の人がレーシックを受けています。
日本では2000年に認可されてからは、毎年のようにレーシックを受ける人が出てきており、実績もたくさん積み上げてきました。

日本での実績をもう少し詳しくみると2000年に厚生労働省に認可されて以来、年間2万5千人以上の人がレーシックを受けてきました。
この数を見てもとても素晴らしい実績だと思います。
レーシックの安全性に不安があるかと思いますが、これだけの人数の人がレーシックを受けても、失明の報告はまだありません。

つまり、レーシックで失明するという可能性はゼロに等しいと考えてください。
レーシックで心配なのは、失明や病気になる危険性ですが、術後に病気になることはあっても、失明までいくことはありません。
ですから、安心しておきましょう。

また、レーシックに関するリスクも事前に頭に入れておきましょう。
レーシックは、失敗したり、先ほどもあったように術後の合併症も併発することがあります。
また、事前審査の段階でレーシックが無理だという人もいます。

その場合でも医師がきちんと説明しますので、レーシックが他の医療設備の整った病院でなら、治療が可能だということもあります。
レーシックを本当に希望しているなら、医師とタッグを組んで出来る限りの治療を行っていきましょう。
最後に言えることは、レーシックは失明の危険性はゼロに近いので、安心して受けてみるようにしてください。

Copyright(C) 2013 目の為に欠かせない知識 All Rights Reserved.