ラセック

生命保険や医療保険でレーシックの費用を減らそう

レーシックの費用は安くやっているところもありますが、いくら安いといっても高額な手術代には変わりありません。
そこで、健康保険の費用でまかなうことができればと思うのですが、レーシックでの視力回復は、病気ではありませんので、健康保険対象外となっています。
レーシックの費用は高額ですので、何とか費用を捻出したいと思います。

お金を借りてきてレーシックを受ける方法もありますが、生命保険や医療保険に入っている人は、もしかしたらレーシックに使える可能性があります。
入っている保険や保険会社の内容によって変わってきますが、レーシックは手術として分類され、給付金が出るということであれば、もしかしたら、レーシックの費用が戻ってくることがあります。
ここで早とちりをして、入院や手術をするからといって、必ず費用が戻ってくるわけではないことに注意してください。

何事も事前の準備が大切です。
必ず保険会社に今入っている保険の内容を確認しレーシックで給付金が出るのかどうかを確認してください。
ただ、レーシックについては保険適用外のケースが多くなっています。

特に新しく加入する生命保険や医療保険ではその傾向が高くなっています。
レーシックを受けるから保険に加入するという人がいるので、保険会社のほうも対策を練ってきたのかもしれません。
医療保険や生命保険がだめなら、確定申告で医療費控除をすることもできます。

こちらは保険ではありませんが、1年間で払った医療費が10万円を超える場合は、確定申告で医療費控除ができるようになります。
医療費控除を受けるときには、領収書やレーシックの費用の明細などをしっかりと保管しておきましょう。
ただ、レーシックだけでも10万円は超えるので、医療費控除は絶対に適用されるはずです。
サラリーマンの人は、確定申告をしませんので、忘れやすいかもしれませんが、たくさんの医療費がかかったときは、忘れずに医療費控除をすると、お金が戻ってくることがあります。

Copyright(C) 2013 目の為に欠かせない知識 All Rights Reserved.